引越し 疑問解消

引越し、疑問解消

引越し 疑問〜知恵袋から

 

Q引越しの見積もり 20代半ば会社員の女です。 主人の仕事の関係で引越しが必要になり、お互いに休みを取りつつ作業をしています。 色々な日程がはっきりしてきたので、引越しをお願いし ようとヤマトホームコンビニエンスに電話しました。 まず、わたしも主人も休みである20日に見積もりをお願いしたところ、「詳しい時間は今ではなく見積もりの担当者から改めて電話したときに相談」と言われました。 それ自体は疑問もなく納得できるのですが、その連絡が来るのが19日の18時以降とのこと…。 こんなに遅いのが普通なのですか? 先方には自宅固定電話の番号を伝えてあります。 わたしの携帯は留守電がないからです。 19日はわたしは職場の暑気払いがあり、主人は夜勤で電話を取れそうにありません。 それを伝えると「それなら携帯の番号を教えてください」と…。 上司もいる飲み会の席でかかってくる電話を待つのは難しいし、お酒が入っている中スケジュールの確認はできないと思い、もう少し前に電話をしてもらうことはできないかとお願いしたのですが断られました。 少しお話しをすると、「責任者にかわるのでお待ちください」と言われました。 別にクレームをつけているつもりはなく、なぜその時間なのか、別の時間では無理なのかということを聞きたかっただけなので、諦めて19日に電話してもらうということで了承し、切りました。 けれど、19日にかかってきたとして、留守電を確認する頃には営業時間が終わっているでしょうから、現実問題いつ担当者さんと連絡を取ったら良いのだろう?と悩んでいます。 義父のツテでクロネコヤマトを使うとかなり安く引越しができます。 別の会社を選ぶと全て実費になるため、義父の勧めもあってヤマトホームコンビニエンスを選びました。 ただ、わたし自身引越しが初めてなので、もしかしたらこれが普通なのかも? わがままを言いすぎたからクレーマーと思われたのかも? とも思えるようになってきました。 見積もりの打ち合わせの電話連絡が前日夕方以降にくるというのは普通なのでしょうか。
A私、現役の引越屋さんです。 ヤマトホームコンビニエンスに限らず、ほとんどの大手引越会社では、見積り日は前もって決めますが、見積り当日の時間に関しては、実際に見積りをする担当者が、前日の夕方から夜にかけて調整するのが一般的です。 前日の夜に連絡することにより、見積り担当者はその日1日の見積り順序を計画するのです。 そうすることで見積り担当者の時間ロスを最小限にすることが出きるのです。 大手引越会社の見積り担当者は平均して1日5件〜8件の見積りをします。ですから、その移動がなるべく無駄の無いように、前日の夕方から夜に、次の日の見積り予定をたてるのです。 引越会社の根本的な姿勢は、 お客様都合より引越会社の都合や段取りを優先する。 お客様は神様…ではない。 引越会社の都合に乗らないお客様は、見積り段階で引越会社からお断りする。 です。 ですから、夜勤もしくは暑気払いの中で、お客様が引越会社からの連絡を受けられるように調整して下さい。 もし、受けられない場合、一般的には翌日の見積りはキャンセルまたは、翌日以外への日延べとなります。 ご参考になさって下さい。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

引越し、疑問解消記事一覧

単身で女性が引越しする時には

女性が特に単身で引越しを行うときには、場所選びが重要になります。引越し先がひとけの少ないところなどであれば、やはりそのようなところは避けなければなりません。このように女性の単身引越しの場合は、男性の場合では考えなくてもいいリスクを想定する必要があります。単身の場合はまず周りに相談をして、知っている人...

≫続きを読む

 

男性の北海道への引越しについて

仕事や出張などで、北海道に引越しをするという男性も多いです。最近では、本州を中心に展開していた店舗や企業が、北海道にビジネスの範囲を広げる、といったケースが増えています。そこで、北海道での勤務を命じられる男性も多いでしょう。北海道は、ビジネスマンへ向けたアパートやマンションなどが少ないのではないか、...

≫続きを読む

 

東北地方から引越しをする男性の料金を節約するための方法

東北地方に住む男性は、転勤や就職、進学などに首都圏など、その他の地方に引越しをすることも多くあります。ほかの地方に引越しをするときに問題となるのは、料金です。同じ県内や東北地方の町なら、それほど高額になることはないでしょう。しかし、関東地方や近畿地方、九州地方に引越しをする場合は料金は高額になります...

≫続きを読む

 

男性の関東地方への引越しには

男性が引越しをする際に一番赴く地方として多いのが関東地方です。他の地方より圧倒的に多いのではないでしょうか。その理由としては、やはり東京都へ赴くという男性が多いことにほかなりません。引越しの理由としては、断トツに多いのが進学や就職によるものです。東京都には多くの大学、企業があります。それによって人口...

≫続きを読む

 

北陸へ引越し

新潟、富山、石川、福井など北陸地方にも、多くの男性が単身赴任とかで引越しする方が多いです。また、単身赴任者ばかりでなく、有名な大学も多いので高校を卒業したと同時に、北陸に引越してくる学生さんなども多いです。またそういった理由以外でも、多くの人が全国から集まってくるのは理由があります。大都市での生活に...

≫続きを読む

 

近畿地方に男性が一人で引越しをする場合

引越しです!!引越し先は何と、近畿地方だって・・仙台在住の会社員Aさんは、地元の会社で長年総務担当をしておりましたが、今回、近畿地方に支店を出すことになったとかで、急に引越しを余儀なくされたということです。もちろん単身赴任ということになるのですが、何分引越しは初めてということで、今ちょっと焦ってると...

≫続きを読む

 

男性の広島への引越しについて

男性の方は単身赴任になる方が多くおられます。広島へ単身赴任が決まった場合には、引越し業者に問い合わせて引越しの料金を出してもらう必要があります。単身で引越しをする場合には、単身パックというのがたいていの業者にはあります。男性一人の広島への単身赴任の場合でしたら、単身パックを利用すれば引越し料金も安く...

≫続きを読む

 

男性の四国地方への引越しについて

男性が一人で四国地方へ引越す場合には、引越し業者に見積もりを依頼しなければいけません。その際には、一社でも多くの業者から見積もりをとることをおすすめします。そうすることで安くで引越しをしてくれる業者が見つかります。男性一人での四国地方への引越しでも、業者によっては料金が数万円違ってくるものです。面倒...

≫続きを読む

 

引越し業者の割引サービス

進学や就職、転勤などがきっかけとなり、引越しをするということは現代社会を生きる私たちにとっては珍しいことではなくなりました。引越しを効率的に行うためにはプロの引越し業者に依頼をするのが最もポピュラーであり、現実的であると言えます。実際に世の中には数多くの引越し業者があり、各業者が様々な独自サービスを...

≫続きを読む

 

引越し業界には繁忙期と閑散期の2つのシーズンがある

引越し業界には、引越しの依頼や作業の時期により「繁忙期」と「閑散期」の2つのシーズンがあります。「繁忙期」は文字通り、引越し業者が最も忙しくなるシーズンで、1年の中では3〜4月の年度の変わり目にあたる時期が最大の繁忙期です。3〜4月は転勤や進学などによってたくさんの人が住居をうつすため、業者に依頼を...

≫続きを読む

 

定年後の夫婦での引越し

毎年、3月、4月は引っ越しシーズンになります。当然この時期は、新生活を送るための夫婦や独身者の引越しも増加する傾向にあります。ご夫婦の場合であれば、最近は団塊の世代が定年退職を迎え、定年後に都会から田舎への引越しをする夫婦が多いのも目立つようになってきました。特に定年後に引っ越しを決断されるご夫婦が...

≫続きを読む

 

引越し準備には冷蔵庫・洗濯機の場所確認も

引越し準備をする時、家電の中では冷蔵庫と洗濯機が一番大きなものになるはずです。洋服や雑貨とは違い大きく重いものですから、新居に運び入れてもらうのか、処分するのかを早めに決めなければなりません。大きさに関しては、事前に新居に運び入れて使用できるかどうかの確認も必要です。特に洗濯機は、洗濯機置き場が室内...

≫続きを読む

 

失敗しない引っ越し業者選びは?

いざ引っ越しをしようと考えた際、インターネットや電話帳を開けば、そこには数え切れない程に多くの引っ越し業者が載っています。テレビなどのメディアで宣伝を行っている有名な業者から、聞いたことのない業者まで、実に様々。引越し業者選びで失敗しない方法ってあるの?そこで、こんなところに頼まなければよかったと後...

≫続きを読む

 

引っ越しのご挨拶

引っ越しって、もちろん大変なのですが、たとえば荷物を移動させるだけでなく、事務手続きや細々した手続きもとても面倒ですよね。中でもとても悩んでしまうのは、引っ越した後のご挨拶だと思います。最近は単身や共働きでご近所とあまりお付き合いがないからと、中には省略してしてしまう方もおられるようですが、これから...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ